AIが開発されているからだ

AI化するサービスを提供する企業も現れ始めている

ビジネス、データ、アプリケーション、テクノロジーそれぞれの具体的なノウハウを見ていきましょう。

エンタープライズ·アーキテクチャとは?

ここまでは、本書のタイトルの前半である「AI」について述べてきました。ここからはタイトル後半の「エンタープライズ·アーキテクチャ」について述べていきます。
クラウドの“取り扱いづらさ”を解消しつつ、クラウドの良さを引き出して企業のビジネスを変化させていくために、エンタープライズ·アーキテクチャが役立つというのが本書のアイデアです。

インターネットにはつなげずに教科書とWikipediaのみを参考にして

しかし、エンタープライズ·アーキテクチャ自体は古くからある概念ですので、まずはその歴史を説明します。

エンタープライズ·アーキテクチャ概論

エンタープライズ·アーキテクチャとは、企業の情報システムの全体像をデザインする手法です。エンタープライズ·アーキテクチャという言葉については、世の中でも広義/狭義、様々に定義されています。

 

人工知能は今基本的なプロトタイプが誕生したばかり

これはその定義を行う人の立場が様々で、その立場によってエンタープライズ·アーキテクチャの捉え方が異なるためです。そこで、エンタープライズ·アーキテクチャの詳細を説明していく前に、エンタープライズ·アーキテクチャの全体像を一つの言葉として定義しておきたいと思います。エンタープライズ·アーキテクチャとは何か?それを,言で表現すると「組織全体のビジネス戦略や業務プロセスと情報システムを可視化し、全体最適の観点から業務や情報システムの改善を継続していくための設計·管理手法」となります。
ここでいう組織は企業や会社とは限りません。企業や自治体などの集合体を「組織」として定義することもありますし、もちろん、一企業や,自治体を指し示す場合もありますその定義は、状況や導入の目的などによって様々です。

ディープラーニングがもたらした成果世間の注目を浴びる前

「可視化する」というのは簡単に表現すれば「目に見える状態」にするということです。つまり、「組織全体のビジネス戦略、業務プロセスと情報システムの関係を見える形·読み取れる形できちんとドキュメントとして残しましょう」ということです。「エンタープライズ·アーキテクチャは企業の設計書である」などと呼ばれることもありますが、それは上記によるところが大きいのです(エンタープライズ·アーキテクチャで述べられている組織は企業とは限りませんが、これ以降の説明では企業という表現で統·します)。

人工知能だが知能とはどういうことを意味するのか

つまり、さらに簡単に言うと、エンタープライズ·アーキテクチャは組織の中の複雑な業務や情報システムの状態をしっかりと把握し、改善活動を継続していくための仕組みともいえます。
変わりゆく企業環境に対応するべく、エンタープライズ·アーキテクチャでは様々な可視化を実施すると述べましたが、その特徴についても述べます。
一つ目の特徴は、情報システムを横串で認識することですフレームワークは、南波幸雄氏の企業情報システムアーキテクチャ[14]の中では次のように言及されています。

AIやることはたったひとつ

人工知能であればドイツに本社を構え産業における『このフレームワークの特徴は、システム構築に関与する全てのステークホルダーが網羅されており、非常に広いスコープをもっていることです。
広いため、一貫性の保証などの仕掛け作りが容易ではなく、そのまま適用できる企業は非常に限定されてしまう恐れがあります。』
その半面、全体のスコープがザックマン氏は、クラウド登場以降の2011年に自身のWebサイトで“CloudComputingandEnterpriseArchitecture”と題した文章[15]を投稿しています。

人工知能であればドイツに本社を構え産業における 人工知能の失敗にあるのではないかと感じていたのです 人工知能の失敗にあるのではないかと感じていたのです

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿