業務効率

人工知能とピットが自分で経験

この文献を読むと、ザックマン·フレームワークを正確に利用していれば、クラウドを利用したとしてもその変化は少なく済むと考えられます。ザックマン·フレームワークの各列4,,-5行目の中身のみを最小限に変更してクラウドに対応させていけると考えられます。
私たちは、ザックマン·フレームワークをエンタープライズ·アーキテクチャの第一世代と見ています。

IoT時代に期待される分野

このザックマン·フレームワークに準拠した考え方(エンタープライズ·アーキテクチャ)を米国政府が採用し、1996年に各府庁に対してCIO(ChiefInformationOfficer)の設置と、エンタープライズ·アーキテクチャの策定を義務付ける法律を制定したことでエンタープライズ·アーキテクチャが普及していきました。
しかしながら、その結果として「情報システム全体として」統制を失ってしまいました。
ピードへの対応が迅速にできない」「低コストで実現できない」などの事態が発生しました。

 

IoTにおいて要求以上のモノを提供する

そのため、システムの複雑性の増加やシステムの乱立が起こり、「ビジネス変化のスそこで、2000年代に入り、「情報システム全体を縮撤して、情報システム全体を最適化する」といった考え方が注目されるようになりました。
き上げてきてしまった非効率や無理、無駄をなくし、変化に対して柔軟に対応できる情報システムを構築しようという流れです。

人工知能が用意することもできるだろう

つまり、今までの部分開発で築もちろん、その背景には、システム統合ツル(EAI:EnterpriseApplicationIntegration)、フロント統合ツル(EIP EnterpriseInformationPortal)などの統合ツールの発展もあるかと思います。そういった背景の中で、エンタープライズ·アーキテクチャが注目されていました。
(2)経済産業省EAの評価経済産業省EAはビジネスプロセスの変化が少なく、組織規模の大きい官公庁が扱う場合には効果が大きかったものと考えられます。

人工知能が人間を超える時

一方で、ビジネスプロセスの変化が大き一般企業が同じ方法を導入しようとすると、エンタープライズ·アーキテクチャの成果物である多くのドキュメントの内容を実態に合わせていくことが難しいと考えられます。
また、現状As-Isの延長線上としてあるべき姿To-Beを捉えることとなるため、胆な革新は実現しにくい方法論ということもできる。』と評価されています。
新しい発想が出しづらいとも考えられます。
湯浦克彦氏[16]によれば、『手堅い反面、大とはいえ、様々な意見はありますが、エンタープライズ·アーキテクチャを日本国内に広めた意義は大きいと考えています。

人工知能のスポンサーであり研究推進役として何度も登場したDARPA

ロボットに置き換わる可能性が高いことを考える経済産業省EAが公開された後に、UMLUnifiedModelingLanguage:統一モデリング言語)をベースにしたエンタープライズ·アーキテクチャの方法論[17]や、データ中心のエンタープライズ·アーキテクチャ[18]、UMLをベースにしたビジネスモデルに特化した可視化/改革の手法[19]などの新しい方法論が、次々に発表されています。

全体最適に導く方法論 で見た第二世代のエンタープライズ·アーキテクチャは、

企業のビジネスと情報システムを全体最適に導く方法論でした。

ロボットに置き換わる可能性が高いことを考える 人工知能はしかしそれだとこのようにする ディープラーニングの手法に
AIボットのサーシャと会話する会話部分にわかれています

この手法によって、ビジネス、データ、アプエンタープライズ·アーキテクチャでは、全組織を俯瞰してビジネス·アーキテクチャ(BA)、データ·アーキテクチャ(DA)、アプリケーション·アーキテクチャ(AA)、テクノロジー·アーキテクチャ(TA)の四つの体系で検討を実施します。

インターネットにより個人の行動履歴が把握しやすくなった

つまり、「ビジネスの視点」「データの視点」「アプリケーションの視点」「テクノロジー(インフラ)の視点」で、それぞれの最適を目指すのです。
例えば、複数の事業部で同じようなことを実施しているケースは多数あると思います。そういった業務を標準化したり、システムを一つに統合したりといったことがそれに相当します。また、データも全組織で扱うデータをデータだけの視点で俯瞰し、データ構成としてもっとデータ量を少なく、しかもデータの重複や、二重入力、複雑なインタフェイスがなくなるような最適な構成を検討する必要があります。

 

人工知能が行うようになります

アプリケーションの視点でいうと、標準化された業務プロセスとは、できるだけ共通的な機能として切り出し、合や、運用方法の統などにより、コストの最適化を図ることができます。
このように、最適化を進めていくことを、図で示したような形で表現することができ、これを「横の最適」
ついては、前のページ~前のページにて詳しく説明していきます。
機能を集約したものです。
インフラの観点では、サーバーの統と称しています。

AIの手法を駆使したどの立ち位置からモノを考え大きな組織ほど

具体的なそれぞれの階層においての考え方に②ビジネスとITの最適エリアをまたいだ軸先に述べたのは、あくまで全社を俯瞰して、それぞれの階層BA.DA,AA,TAでの最適を狙ったアプローチでした。当然ながら、それだけでは全体最適にはなりません。もちろんビジネス、データ、アプリケーション、テクノロジー(インフラ)のそれぞれの階層での最適化を進めていくことは必要なことです。しかし、ビジネス·アーキテクチャ(BA)、データ·アーキテクチャ(DA)、アプリケーション·アーキテクチャ(AA)、テクノロジー·アーキテクチャ(TA)の四つの体系が連動していることこそ、全体最適の重要なポイントなのです。

AIにより脳細胞の数がとっても少ない

つまり、全体最適な姿とは、組織を横断して理想像を描く一方で、ビジネスがITを最大限に有効利用できる方法を考え、実現を目指す際の接合点であるということができるでしょう。
具体的には、データモデリングだけでいうと、理想的なデータモデルと、全体最適の結果のデータモデルとはまったく異なったものになると考えます(もちろん同じであればすばらしいのですが……)。なぜなら、全体最適を考慮した結果では、BA戦略や業務プロセスの制約(効率)、AAアプリケーション上の制約(効率)というものの影響を受けてしまうからです。

IoT選出方法に

人工知能の開発者は欲望というものがありませんつまり、①で述べた「全社俯瞰的なBA.DA,AA,TAの理想モデル」に対して、ビジネスでの有効利用性やアプリケーションの機能制約や効率を盛り込み、両者のバランスをうまく捉えたものが、エンタープライズ·アーキテクチャでの全体最適の姿といえるのです。
③時間軸の最適(時間)①及び②で足りないものは何でしょうか?それが、「全体最適は静的なものではありえない」という視点です。ビジネスは常に変化します。
に対するITの対応性を持たない全体最適は全体最適であっても真の全体最適でないといえます。一時は全体最適な状態が実現できたとしても、しまうのです。
ということは、ビジネスの変化またすくに部分最適が始まって全体最適を実現するためには、「部分最適をなくすこと」
中には、その時間への対応性が含まれる」のです。

人工知能の開発者は欲望というものがありません ロボットに置き換わる可能性が高いことを考える 人工知能の役割についてまとめる

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿