AIの実現性に関して企業もそして自分がマネジメントの立場でも

ニューラルネットワークが意味不明です

人工知能の打つ手は配達するのは人であり図表新しい構成や利用目的
量子世界からは一切関与も影響も与えることの出来ない領域のことだからです。ましてやニュートン力学の物質運動理論、カオス理論では鉄砲届きもできなかったのです。どのような極超コンピューターで物質の運動をすべて計算出来たとしても、僅かな魂意識の関与によって、簡単に物質の運動ベクトルや力量は変更され支配されてしまうからです。未来が決定しているのは、根源意識·重力子·魂意識·時間子·光子という領域のみのことです。しかし、確定しているとはいえ、その未来を知るためには神の視点が必要となります。

AIが登場すると語る真正面からぶつかったり

ところが、魂意識には「今」という瞬間は存在しますが、重力子に支配されているため神の視点は持てないのです。神の視点を持てないから、同じ時間軸上の、いわゆる過去、現在、未来のホログラムへは自由に移動出来ますが、移動した場所で、そこの「今」に存在するのみです。しかし、同じ時間軸のホログラムを自由に知ることができますので、魂意識には「未来は確定したものとなります。この魂意識からは「未来はすべて決定している!」と断言出来るのです。なぜなら、どの時間軸「タイムライン」のホログラムを選ぶことも可能なのが魂意識であり、だ時間軸に存在する限り、魂意識には常に「未来は確定したものでしかないのです。

 

コンピュータが1日10の組み合わせについて検証できるとすれば

なぜ2000億円もの利益が出るかと言いますと、例えばこれで作ったソフトが10回トレードして、プロのトレーダーに6勝4敗で勝ち越したとすれば、世界中の機関投資家やファンドが「運用してくれという話に間違いなくなります。そうするとどう少なく見積もっても1兆円ぐらいは集まります。それで、リターンは1年に20%を目指します。そうすると1兆円だと2000億円ということです。これはかなり現実的な数字だと思っていますただもっと少ない資金でも利益を出すことができるかもしれません。証券会社だと800倍ぐらいレバレッジがかけられるからですその理由は、FXは海外の仮にレバレッジを100倍かければ資金が1億円しかなくても、100億円を運用できるわけです。100億円に対して0.01%の利益でも100万円のリターンがあります。

AI×VRのことを常に頭に置いておく必要があります
そういったことを目指せるものを是非開発していきたいと思っています。FXにはEAというものがあります。EAとはエキスパートアドバイザーの略で、MT4でおなじみのメタトレーダーというプラットフォームで使用できる自動売買プログラムですが、これも今まで日本だけではなくて海外のものも含めて5000ぐらい見ました。しかし、1つも使い物になりませんでした。3カ月間や半年間、当初の期間だけは勝てるものはありました。しかし、例えばリーマン·ショックやスイスショック、イギリスのEU離脱、アメリカのトランプショックというような予測不能なことがあると、一気に今までのリターンがマイナスになってしまものが多いのです。そういったショック相場にも対応できるようなものを作れないかと考えています実はもうプロのトレーダーという方に100人以上お会いしました。

 

コンピュータが市販され

「見える化」とは「見えていないものを可視化する」化」が必要です。という意味ですが、それだけでは組織を強くする「見える化」にはなりません。自ら考えて成長していくための「見える「見える化」の実施を検討される企業様は「ビジネスにおける問題を常に見えるようにしておくことにより、問題が発生してもすぐに対応できるようにしたいと考えています.さらに「見える化」を実現することにより、問題点がどこにあるかが明確となり、カイゼンすることにより問題が発生しにくい組織へと成長することが可能です。しかし、実際に「見える化」するに当たり、単に現場からデータを吸い上げて、表示するだけでは効果が出ません。企業の「ビジョン」「戦略」「アクションプラン」に基づきカイゼンできる「見える化」が必要となります。

プログラムはゲームを上手にこなすことができるようになります

チャットサポートでは1人のオペレーターが複数のお客様を同時にサポート可能であることから、従来の電話やメールによるサポートと比べると「サポート効率が良く」、スト削減につながる」といわれてます。対応できる顧客数「呼量」と対応の難易度に関するチャットやメール、電話などのサポートチャネルの位置づけを図表に示します。「コまずは「見える化」から始めよう!AIを駆使して人間では見いだせないような新たな気付きを得るというのは理想論ですが、現実的には難しいことが多いです。もし、新たな気付きを得たいのであれば、AIよりも前にBIから始めてみることをオススメしますBIは、日本語では「見える化」と表現されることもあります。AIを使わなくても、BI「見える化」を使いこなすことで、企業や組織を強くすることが可能です。