Monthly Archives: 2019. 4月

人工知能の過去の動向を振り返ってみましょう

(2)大域のCRUDCreate/Read/Update/Delete)図続いて、上記のプロセスで導き出された「主要なデータ」を縦軸に並べて、企業の持っている情報システムを横軸に並べて、マトリクスを作成します。そして、それぞれの情報システムが、それぞれの「主要なデータ」に対して生成Create·参照Reference·更新Update·消去Deleteしているところを記載していきます。AI時代を生き残ることができます

人工知能ブームが起こり

ロボットが無人運転するトラックに積み込まれこれはCRUD図10と同じものですが、これを企業全体という大きな視座の中で可視化するのがポイントです。

アプリケーション·アーキテクチャ

アプリケーション·アーキテクチャでは、情報システムという単位と、それを構成する機能に着目します。ビジネスの変化に対して情報システムを柔軟に変更させていくためには、情報システムを「変化しやすい部分」と「あまり変化しない部分」に分けていくのがよいと考えられます。また、この情報システムの単位の考え方についても、クラウド時代になって従来の制約が外れつつあります。それでは、アプリケーション·アーキテクチャについて見ていきましょう。
人工知能と書くと人間の仕事を奪うイメージが付着してしまうため

IoTへの取り組みとそれに関わる

アプリケーションの全体最適

部分最適から考えていきます。
アプリケーションの部分最適とは、まず、アプリケーションの視点において全体最適でない状態ルの組合せになっていない状態を指します。一つひとつの情報システムに割り振られる予算には限りがあるため、情報システムを構築する際には、その時点におけるその情報システムに求められる機能を、最も効率的に作る方法が採用される傾向があります。

人工知能が苦手な

人工知能が人間の棋士と同じ間をだま
つまり、自然に考えれば、情報システムは,体化したソフトウェア(つまり再利用しづらいソフトウェア)として作り込まれた状態になります。これをアプリケーションの部分最適と呼んでいます。これでは新たなビジネス要件がある都度、新しい情報システムをから全て構築しなければなりません。また、”部機能の変更であったとしてもその影響範囲は情報システム全体に及ぶことが考えられます。

人工知能は成績の悪い個体は淘汰される


情報システムが再利用可能なモジューしかし、企業内の情報システムが再利用できる単位でモジュール化されていれば、その組合せで新しいビジネス要件に合致した情報システムの大部分を構築できると考えられるため、理想的といえます。これがアプリケーションの全体最適です。この状態が良い理由をいくつか述べていきます。
·再利用まずは、再利用しやすいモジュールとして作ることによって、他の情報システムを作るときに使いまわせる可能性が高くなるからです。
他の情報システムまで含めた視座で見たときの全体最適といえます。

ロボットやどういうアクションを取ったらよいか教えていきます

変更の影響範囲あくまでイメージですが、モジュール化されている方が情報システムの変情報システムに変更を加えたときの影響範囲を狭められるという理由もあります。
実際は図ほど単純ではありません。
次は、図は、更時における影響範囲は小さくなります。
ただし、

テクノロジー·アーキテクチャ

最後は、テクノロジー·アーキテクチャです。従来はハードウェアやソフトウェアの構成を可視化していましたが、クラウド時代になって最も町視化しづらくなった領鳦従来であれば標準化と共通化によってITコスト低減が期待できた領域です。

人工知能と書くと人間の仕事を奪うイメージが付着してしまうため インターネットを通じて テクノロジーへの疑念をひっくり返すような

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿