Monthly Archives: 2019. 3月

コンピューターがその中から

今では、むしろで述べてきたように、ビジネス変化への対応として、ビジネスとテクノロジーをどのように結びつけてクラウド時代のテクノロジーがどうあるべきかを考えることが重要になってきています。

テクノロジーの全体最適

クラウド登場以前、テクノロジーの全体最適といえば、テクノロジー例えばサーバー機器やOSの標準化や共通化を進めることでした。採用するテクノロジーがバラバラだと、それぞれに維持する要員/スキルを確保しなくてはならず、非合理的だったからです·ITコスト削減という観点だけから見れば、最も目に見える効果を出しやすいのがテクノロジー·アーキテクチャでした。AIとメス型強化学習法

人工知能と抜本的な解決は得られませんでした

AIという言葉が出現した1950年代です従来では,表16-1のように、サーバー機器やos,ミドルウェア、ソフトウェアを町視化してきました。しかし、クラウドの構成は図のようにオン·プレミスとも異なる上に、同じクラウドでもSaaS.PaaS·IaaSによって異なるため、表現しづらくなっています。全体を横通しで見るためには情報の粒度は粗くなりますが、表16-2のようにオン·プレミスもクラウドも同時に載せられるような一覧にまとめるのがよいと考えています。
ディープラーニングの思考メカニズムはどうなっているのでしょうか?

Watson医師との会話で病名を学習難解な文献も読みこなす米IBM


表16-1システムを構成するサーバー機器.OS、ミドルウェアや、ソフトウェアの一覧

【確認】他人事ではない。人生100年時代とA1が世界

をかえていく。あなたは生き残れますか人生100年時代がやってくる。
自分自身が100歳を迎える可能性が大いにある。
個人差は大いにあることは承知の上で、自身の「未来」の着地点がこれまでと変わるもちろん、いつ死が訪れるのかは謎であることに変わりはありませんが、ずいぶんと刺激的な話です。

ロボットがある問題:ボタンを押すを解くことを考えます

IoT化のためにはモノにスマホ的機能をもった機器
だけどそのうち、「死」がいつくるのか予想がつくようになるかもしれませんね。
マラソンで折り返し地点をまわって復路についていたつもりが、実はこれから折り返し地点をまわるところだった。
と。
「今」。
そんな「未来」の準備としてのあなたは毎日順調ですか?
40代から50代にかけて、「仕事ざかり」ではあるけれど、会社員として自身の立ち位置の変化社会の変化を受けて会社の変化仕事そのものの変化。そして生活の変化なにかと節目の年代にさしかかり、順調にキャリアを積み上げつづけている人ばかりではありま111せんよね。

こちらの方が大問題ですよね


仕事そのものの変化について、私の仕事でお話しをしましょう。
ここ10年くらいのことです。広告の仕事でお会いする方々のお悩みでよく耳にすることは今までのやり方では、広告が効かなくなってきた。
モノが売れなくなってきた。
そんな話がとても多くなりました。
TVCMを大量に打ったからといって、折込チラシを大量にいれたからといって、モノがうれるわけではない。
大きな要因のひとつとして、「世間」のひとたちの好みが多様化してきたこと。

人工知能はでたらめな図といっても差し支えないほどです

日常品をはじめ、音楽ひとつとってもそうですよねずいぶん前からですが、ヒット曲はあるけれど、昭和の「歌謡曲のように、老若男女ほとんどがが知っていて歌える「共通」
のものが見当たらない。
そして、別の要因として、ジタル」の普及のおかげで、しなくなってきた。
「IT」「デジタル」が爆発的に世の中にひろまったことです。デ普通にくらす人々が、「自分で情報を調べ、受身の情報をうのみに「デジタル」
を扱うことで、「世間」
の感覚が世代によって大きなギャップが生まれています。

ディープラーニングの思考メカニズムはどうなっているのでしょうか? AIRe世界の産業用 ディープラーニングも初めて導入

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿