AIxVRで新しい市場を開拓するつもりでいます

インターネット全盛の今

AI技術の特性すべてのものが
こんな感じで例を挙げてみましたが、何度も言いますようにあなたのビジネスにもVRは活かすことが可能ですし、興味がおありでしたら是非ご相談していただければと思います現在、VRが登場している分野といえば、まず入力デバイスやコンピュータビジョン、VRなどですが、その他にもいろいろと開発されてきていますモバイル例えば、開発ソフトウェアやフォトグラメトリ-「写真測量」などのプラットフォームやツールゲームやアニメーション、教育などのコンテンツ、医療やヘルスケア、アナリティクスなどのエンタープライズです。ただ、VRは先ほどお話ししたスペースを使ったビジネスのプロモーションなどと共に、ターティンメント」に大きなポイントがあることは疑う余地がないところでしょう。「エン映画産業のメッカであるハリウッドもVR映像に投資を始めました。ルーカスフィルムの新設部門であるILMLABが、ヘッドマウントディスプレイを使ったVR版スター·ウォーズ「ST」を公開しています。映画「スター·ウォーズフォースの覚醒」を元にした3Dモデルを使い、映画と同じSkywAIkerSoundが3D音響を担当したリアルな環境で、360度3Dの仮想スター·ウォーズの世界に没入できますRコントローラーを使い、ライトセーバーを自在に振る体験が可能です。

ニューラルネットにも自ら発見的に学習させると話す鈴木教授は

ILMLABは、HTCVIVEの他、最新の技術を使い、VRなどの「イマーシブエクスペリエンス」を専門に扱っています。ストーリー·スタジオがオキュラスVR社の子会社でVR映画を専門に制作するオキュラス·映画「Henry」のトレーラー動画を公開しています。これからカメラは4Kから8Kになっていきますから、こういった形で制作されるVRも大変な臨場感を与えることでしょう。前にお話ししましたように「体験に価値を置く時代になりましたから、体験VRの需要もどんどん増えていくはずです。またVRは教育の分野にもシェアを広げていきます。VRツールも色々なものが登場しています。

 

人工知能の歴史の中での最大の成果の一つであるといわれている

そして、先をかんがえられないときは、立ち止まっていいと思いますよ。なにしろ、なにがどうなろうとも、あと50年ぐらい生きるかもしれないのです。今の50歳前後の私たちは。人生100年時代を射程にいれると、もともとの年代のあつれき、時代のあつれき。寺弋それが同時にぶつかりあっている今、これは自分を見直すいい機会ではないかと私は思うんです。次の章では、こんな視点で世の中をみてはいかがでしょう、というお話しをしてみますね「広告視点」で世界を視る。広告視点」ことばを正確にとらえると私の造語です。

コンピュータ我々人間の行動法を選びました
「広告視点」という言葉は、商品·サービスを、顧客に届けるために、他の商品やサービスの宣伝を目にすると、って、どの視点?となりますが、私は、クライアントのいろいろと考えたり試したりしているうちに、世の中のつい、その裏側、構造を考えてしまうクセがついてしまいました。その視点から見ると、これまで書いてきたことから推察いただけるとおり、企業のなかにいても、自分を、そこに全面的にゆだねるわけにはいかない。ということがおわかりいただけると思います。なにしろ、半分近くの職業が、1にとって代わられるかもしれない時代が「すぐそこで待っているのですからだからといって、いきなり「独立をすすめるわけではありません。すぐにできなくても、「自分が、この会社と取引している協力会社である」とおもい、考え、行動していそうすると、やることが変わってきませんか?楽しくなりませんか?自分の枠を企業より大きくする。自分自身がひとつの「企業」である自分が「自分企業」のオーナーである自分自身が100年生きる。かもしれない。

 

人工知能の回路も人工ウイルスに食い破られてしまい

しかし、何もガイドするものがなくディスカッションすると、情報システム部門は情報システムのみの視点に、現場ユーザーは自分の困り事のみの視点に、固執しがちです。そこで活用できるのが、先に説明した九つの着眼点と、現状「As-Is」の業務フロー図です。図表は、BPRディスカッションにおける業務フローの利用例を示したものです。業務フロー図は、このために作成してもかまいませんし、内部統制「J-SOX」対応用の資料をそのまま転用しても構いません。「2」KPIを導くここでは、KP1をBSC「BAIancedScoreCard」の四つの視点とKPIツリーの二つを活用して導きます。

プログラムがある迷路を解こうとするとします

ここで着目すべきなのは「全社で共用すべき情報」は何かということです。顧客情報が共用されていれば、他事業で開拓した顧客担当者とのパスを有効活用できることがあります。また、与信枠情報が共用されていれば取引上のリスクを軽減できる可能性があります。ここまでで、「引き継ぎ」、「意思決定」、「待ち」、「パターン」、報」という九つの着眼点を見いだすことができました。「別の人でもできる」、「チェック」、「外部との接点」、「全体のプロセスを担当する人J、「全社で共用すべき情「3」BPRのディスカッションBPRを検討するのであれば、情報システム部門も現場ユーザー部門も巻き込んで、複数関係者を集めた状態でディスカッションするのがよいと考えます。様々な視点から意見が集められるからです。