Monthly Archives: 2018. 2月

人工知能トラップを避ける方法など


例えば、リスクベース認証技術は利用者の認証に対して不正のリスクがあると判断した場合に、追加の認証要素を組み合わせる、といったものですが、「不正のリスクがある/高リスクである」
とする判定を行うためにAIを活用することも考えられるでしょう。
このように.A1の認証における活用方法は様々ですが、本章では.A1活用における1D連携の重要性について見ていきたいと思います。9.1節では、における認証連携技術について、9.2節では、クラウドサービスのAPI連携における認可技術について紹介します。
ロボットが導入され使おう!

人工知能にやってもらい
クラウドサービス利用時

クラウドサービスの利用における認証連携

例えば、GoogleやAmazon,MicrosoftなどA1のサービスを提供しているベンダは様々あり、A1に限らずクラウドサービス全般にいえることですが、サービスごとに認証が必要です社内サービスのID、クラウドサービスAのID、クラウドサービスBの1Dと、それぞれ管理していくと、社内の管理コストが肥大化していきますし、社員からしてもパスワードを複数運用するため非常に不便です。
そこで用いられるのがID連携(認証連携)です。
もちろん、A1利用時にも同じことがいえます。
クラウド上のAIサービスを利用する際に利用者を証明するための認証行為が必要であり、それはクラウドサービスごとの認証となります。

プログラムを作る科学であり工学です

そのため、社内のみで様々なクラウド上のAIサービスを利用する際には、ID連携が必要でしょう。
般に1D連携は、一つのIDでいろいろなサイトにログインできるといった技術を指しますが、エンタープライズ分野においては、社内1Dを利用してクラウドサービスへログインすることを指すことが多いです。
エンタープライズ分野でのID連携には、大きく、SAML、OpenIDConnectという2種類のプロトコルが存在します。
プログラムを開発しました

人工知能が進化する領域

般的に、エンタープライズ分野のID連携ではSAMLを利用する、というのが業界のデファクトスタンダードでしたが、近年、OpenIDConnectの利用も普及し始めておりGoogleやMicrosoftなどの有名なクラウドサービスの多くは、両方のプロトコルをサポートしています。
SAMLは業界で古くから利用されて広く普及している一方で、OpenIDConnectは一緒利用者向けの分野で普及しており、近年エンタープライズ分野での利用が促進されるし」など、採用が増えてきています。
そのため、ID連携を行う際には、どちらかのプロトコルを使うことになるでしょう。

AIについて紹介しよう クラウドサービスのAPI利用における認可

SAMLやOpenIDConnectを利用する.方で、クラウドサービスが提供するA1のAPIを利用し、社内独自のWebアプリケーションを構築·利用することも考えられます。
ロボットが導入され使おう!

人工知能は使えないわけです

この場合は、認証の観点で見ると社内IDで社内システムを使うことになるため、社内の認証基盤に閉じた話となり、クラウドサービスとのID連携は必要ありません。
ただし、社内システムからクラウドサービスのAPIを利用するためには認可の仕組みが必要となります。
このように、アプリケーションがクラウドサービスのAPIを利用するための仕組みとして一般的に普及しているプロトコルがOAuth2.0です。
OAuth20は認可プロトコルであり、リソースオーナーを介さずクライアントが保護されたリソースにアクセスする仕組みを提供することができます。

      人工知能の答えを人間が予測できなくなるといわれている
      AIビジネスを考えてみる
      人工知能と融合し少なからず存在しますところが確か

    最近の投稿

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    最近の投稿