人工知能AGㅣの完成により

人工知能技術が生活に染み渡るのは時間の問題でしょう

インターネットIndustriただし、この話をするときに.本章では、AIや機械学習って何なの?というところから始めて、AI時代のビジネス改革の現実解を考えていきます。機械学習という概念はAIという大きな概念に包含されることは序章でも触れました。IFTHEN文の組合せで作られたブログラムもAIと呼ぶことがあり、ルールベースのAIと表現されます。一方で、機械学習とは、大量のデータで学習させるAIです。そういったものはこの推論モデルがあれば、植物学者が判断しなくてもアヤメの花の種類を当てることができますAIが「人の判断/認知の一部分を置き換える」ようになることを何度か説明してきましたが、その最もシンプルな事例といえます。人工知能による無人企業の例をもう少し考えていきたいと思うロボットと会話できるようになります

人工知能に働かせる側にならなくてはいけないのです

プログラミングめることを指す

機械学習に関わるアルゴリズムを知らなくても、パブリッククラウドベンダー各社が提供している機械学習エンジンを使うと、ここで見たようなアヤメの花の分析は簡単に試せます。アヤメの花のデータでは入力値が4次元、出力値が3次元と、とてもシンプルですが、これをもっと複雑にしたものが最近の流行りです。例えば、画像解析。入力するデータが画像で、画像に写っている物体が何であるかを出力させる場合、入力値も出力値も次元数は膨大になります。このような場合、上図のニューラルネットワークの推論モデノレにある工夫を施すと精度が劇的に高くなることが経験的に知られています。その工夫とは、中間層は1層ではなく、数十層と深い「Deep」階層とするモデルにすることです。

コンピュータ上で動きます

では、どうすれば信用を得ることができるのでしょうか?ビジネスの流れは、「商品」を「お客様」にその存在を知らしめ、購入していただくという「結果」につながり評価を得ます。この評価が高ければ、信用につながる.番の近道です。逆に言えば、お客様が価値を認め、評価したからこそお金を支払われるのです「商品」→「お客様」→「結果」→「評価」→「信用」の流れの中で、どの過程もスムーズにいかなければなりません。商品を知らしめて興味を持ってもらい、購入してもらわなければ信用までの流れは途絶えてしまいます。あなたは「AIDMA「アイドマ」の法則」をご存知でしょうか?AIDMAとは「-」D」「M」「A」「Attention”注意する」「Interestll興味を持つ」「Des.1rel欲求を感じる」「Memory”記憶に残す」「Actionll購買する」以上の5つが、お客様が商品を知って購入までの段階になりますが、その頭文字をとったものが「AIDMAの法則」ですAttentionを「認知段階」、Interest、Desire、Memoryを「感情段階、Actionを「行動段階」と区別することもありますこの法則に即したセールスを行えば、ビジネスはうまくいくと考えられていました。なぜ過去形かと言いますと、この法則はテレビや雑誌、新聞といったマスコミが巨大だった時代に力を発揮したものだからです。

コンピュータを開発できるわけです

つまり、インターネットがなかった時代に通用していたものということです。ではインターネット全盛の今、どのようなことが必要なのでしょうか?s「アイシーズ」の法則」になります。こちらはそれは「A-SCEA「A」「-」「S」「C」E「A」「S」「Attention”注意する」「Interestll興味を持つ」「Search”検索する」「Comparison”比較する」「Examination”検討する」「Actionll購買する」「Share”情報を共有する」になります。どんなビジネスでもインターネットが欠かせなくなった現在、この流れを抑えたセールスをしなくてはいけなくなったのです。新たに検索してもらうとか、価格comなどで比較·検討されるということも考慮に入れなくてはいけません。
AIのモデルを紹介していきます

AIモデルですそうでなければ

もう一つの理由は、実店舗を持つ小売業者が、実店舗を持たずECサイトのみを持つネット小売業者に対して差別化要素を見いだしたいためです。リアルとネットを融合した顧客体験を提供できれば、ネット小売業者に対して大きなアドバンテージとなります。オムニチャネル化を通じてしかし、ここで生じるのがリアルとネットが融合するがゆえの歪みです。それまで別々に運営されていたリアルとネットのチャネルを融合させようと思うと、そこには歪みが生じます。二つのパターンを見てみます。①リアルである実店舗の不安これまでその企業を支えてきた実店舗が、ないがしろにされたと感じたり、自社のECサイトに顧客をとられたと感じたりすると、そこには不安が生じます。

インターネットに接続され

後から始めたECサイトなどのネット領域に社内で脚光を当て過ぎてしまうと、既存の実店舗としては面白くありません。②リアルの負荷が上がる不満、人件費増大オムニチャネルはネットだけに閉じない施策であるため、リアルである実店舗にもなんらかの負荷がかかります。負荷がかかった分だけ業績が向上する実感を実店舗が得られれば良いのですが、そうでないと反発が起きます。しかも、実店舗の方が今でも係わっている従業員数が多く、これまでの業績に貢献してきた自負もあり、ある程度は声も大きいと思います。また実店舗の業務だけでなく、配達やアフターサービスについても、オムニチャネル戦略を進めて顧客サービスを向上させようと思うと、最後には人間の業務負荷増大に跳ね返ってくることがあります。