人工知能と書くと人間の仕事を奪うイメージが付着してしまうため

コンピュータには適当な大きさ

通常の通貨は、国家が価値を保証しているが、ビットコインは価値の保証者がいない。そのかわりブロックチェーンという技術を使って、ネットワークにいるすべての人で価値を作り出すのだ。実際に、高速のマシンを持っていれば、ビットコインの「採掘」に参加することができる。採掘について補足すると、ビットコイン全体が健全に運用されるためには、コンピュータによる膨大な計算処理が必要だ。その計算処理を手伝った人には、ビットコインが報酬として支払われるのだこれを「採掘」、あるいは「マイニング」と呼んでいる。

ロボットはそうなるはずです私は人工知能用の高速マシンの空き時間に、イーサリアムという暗号通貨を採掘させているれが電気代を引いてだいたい3日で7000円くらいの稼ぎになるのだが、1カ月にすると7万円だ。今年の2月から始めて、いまや50万円ほどになっている。「たった月7万円かぁ」と思われるかもしれないが、それは日本に住んでいるからだ。たとえば平均月収が2万円程度のベトナムであれば、話はまったく変わってくる。この収入を元手としていますぐベトナムに引っ越せば、まったく働かずしてそこそこいい暮らしができる。

 

AI企業アプリケーション統合という技術により

そのため、実用を鑑みると、複数の器官を総合的に知覚·認識する研究が進み、今後向上していくことになると思います2について、既に金融取引「後述」や広告など経済活動の領域で活躍していますが、それ以外でも医療や行政など、我々の社会活動にも徐々に影響を与えていくことが予想されます。例えば、医療については既にWatsonが診断システムとして話題を呼んでいますが、今後診断履歴データが蓄積されていくと、特定の病気に罹る確率を予測することが出来るようになると思います。「遺伝子解析でも似たような取り組みはあります」そうなっていくと、病院だけでなく、保険のあり方まで変わってきます。実は既にその取り組みは一部進んでおり、例えば自動車の運転走行データを元に、保険会社がリスクを評価して、それに見合った保険額を提示するところもあります。この流れが進むと、我々の体内に微小センサーを取り込み、保険に留まらずリアルタイムでのヘルスケアサービスも可能になります。ロボットに利用されていたとしましょうカロリー摂取や栄養状態など、ダイエットに対しても的確な指摘、改善が見込まれると思います。判断能力が高まると、行政や保安についても、例えば防犯カメラや衛星による個人の映像と行政が保持しているデータベースと照合して、犯罪抑止に貢献することもできます。ただし、上記の病気診断から予兆のように、犯罪を起こす確率まで算出したほうがいいのかは慎重な議論が必要です。「いずれは行動履歴から可能になると思います」2045年を描いた近未来SF映画「マイノリティレポート」は、まさにそのテーマを描いていますそこでは、人工知能ではなく特殊能力を備えた3名が予知します。その3人の食い違いがマイノリティ·レポート「少数意見」なのですが、人工知能であれば、冷静に過去履歴を元に確率を提示するでしよう。ただし、そこで問題になるのは、アルゴリズムです。

    1. インターネットの時代でありそのためにはまず国中に
    1. コンピュータPCが普及し
    1. ディープラーニング深層学習が開発されたことでその手間が省け

人工知能による処理のために役立つのはもちろんだが

ジョブズ自らがCEOに電話をかけて買収交渉をしたという有名なエピソードは、その重要性を物語っています。全くの余談ですが、このSiriにイライザって誰?」と話しかけると、イライザをご存知ですか?彼女は私の最初の先生だったんですよ!」と回答する噂が一時期流行りました。覚えている人はいるでしょうか?あの「後に人工知能反対派に転向した」ワイゼンバウムが作ったセラピストELIZAのことです。何もSiriと技術的なつながりはないですが、非常にユーモラスな仕掛けです。「念のため補足すると、Siriの回答も裏ではせっせと対話パターンを人間が作っているルールベース方式に近いので、人工知能が意思をもっているというオカルト的な反応はしないようにしましょう」話を戻して、モバイル時代を先行したAppleの戦略についてもう少々補足しておきます。
人工知能の活用が盛んであるが

AIしゃべったことを正確に文字に書き起こしてくれる

まず、Appleはユーザへの価値体験を包括的に「垂直統合型ともいわれます」提供することを強みとしています。例えば、iPhoneにSiriやあの何とも言えない指でぐりぐりする操作感があったとしても、中に面白いアプリや簡単な決済システムがなければ、価値としてはがくんと下がってしまいます。つまり、現代の我々消費者は、局所的な機能云々というよりも、iPhoneを通じて体験したこと全てをもって評価する傾向にあります。Appleはそのユーザ体験全体を管理しようとしており、その世界観にそぐわないものはiPhone/iPad向けアプリや周辺機器に実装することを許さないのです。そのような戦略をとるAppleに対して、Siriという1機能だけをみては、ユーザに置いてけぼりにあってしまいます従ってGoogleは、遅れをとったモバイル時代でも覇者となるため、検索機能の強化やYoutube.Gメール.GoogleMapなど、様々なWebサービスを提供するだけでなく、モバイル用OSAndroidを開発「厳密には買収」してAppleの牙城を崩そうとしましたここで、最近よく使われるようになった「プラットフォーム」という言葉を整理しておきます例えば空港もプラットフォームの1つです。